​糸魚川エリア 釣り場情報

新潟県糸魚川市の釣りポイントは、数多くある港を筆頭に海岸やテトラポット帯など日本海に面した糸魚川一帯に広がっています。そんな糸魚川の釣りポイントの中でも、特に実績が高く多くの釣り人が足しげく通う名所から、実績が多いにも関わらず意外と人の少ない穴場まで、10か所のポイントをご紹介します。

地図_筒石海岸.JPG

筒石魚港付近

多種多様なフィールドで色々な釣りをしたいのであれば、テトラポッドから護岸域、本格的な磯場まである筒石海岸がおすすめです。クロダイやイシダイ、メジナ等磯場の魚をウキフカセ釣りで狙っている釣り人が多いですが、少々足場が低い位置にあるため、波の荒い日は注意が必要です。

地図_浦本海岸.JPG

浦本漁港付近

日本海に突き出した長い堤防から港内、港外どちらにでも竿を出して釣りをすることが出来るのが浦本漁港です。外海に向けてはウキフカセでのクロダイやエギングでのアオリイカを狙うことができ、港内に向かってはサビキ釣りを楽しむことが出来ます。また、サビキで釣れたアジを泳がせてヒラメが釣れたという話も多いです。

地図_須沢海岸.JPG

須沢海岸

須沢海岸では、多くの魚種を狙うことが出来ます。シロギスの実績が高い須沢海岸では、投げ仕掛けにクロダイやカレイなどが掛かることもあるので、仕掛けはいつもより太目のラインで選ぶようにしましょう。冬の日本海は波が高く、冬場は気を付ける必要があります。

地図_市振港付近.JPG

市振港

規模の小さい市振港ではありますが、サビキ釣りでのアジやイワシはもちろん、岩礁でのメジナや夜間のアオリイカなどの実績も十分です。しかし、40メートルほど離れた沖合の海底は岩礁になっているので、投げ釣りの際は根掛かりに気を付けて行う必要があります。

地図_能生海岸.JPG

​能生港付近

日本海に向けいくつもの堤防が突き出している能生港は、足場が安定しているため家族での釣り人が年間を通して多く見られます。釣り方もファミリーフィッシングの代表ともいえるサビキ釣りが多いですが、サビキ仕掛けを少々遠投してみると、思いがけないような大型のアジが掛かることがあります。

地図_梶屋敷海岸.JPG

梶屋敷海岸

海岸沿いに隙間なくテトラポッドが敷き詰められた梶屋敷周辺のエリアは、年間を通して魚影が濃く、釣れない日のボウズ逃れとして評判のスポットです。テトラポッドの隙間を探ってカサゴやキジハタが釣れるのはもちろん、このエリアからの投げ釣りでは、シロギスやスズキ、ヒラメなどが釣れることで知られています。

地図_青海川河口付近.JPG

青海川河口付近

日本海に流れ込む青梅川の河口域は、川の流れによって変化に富んだ海底を好むあらゆるフィッシュイーターが生息しています。遠投でシロギス狙いをしていると、取り込む前にマゴチやヒラメにかじられてしまうこともあるほどに魚影は濃く、温かい時期には、全長1メートルに届くかというほどの大型のスズキが釣り上げられることもあります。

地図_鬼舞海岸.JPG

鬼舞漁港付近

近隣に姫川港や能生港がある為、訪れる人も少なく、知る人ぞ知る穴場と言われているのが鬼舞漁港です。釣れる魚はアイナメなどの根魚の他にもクロダイや他では釣れないような大型のイシダイが釣れることもあり、その魚種は豊富です。橋の周囲に型の良いスズキが集まっていることもあります。

地図_姫川港付近.JPG

姫川港付近

面積は広く足場は安定し、釣れる魚種が豊富な事でサビキ釣り等のファミリーフィッシングが多くみられるのが姫川港です。青物の回遊が多く、それを餌に狙うヒラメやスミイカが生息しているので、釣り上げたアジを使ってヒラメやマゴチを狙うブッコミ仕掛けや、メタルジグ、エギなども合わせて用意していきたいスポットです。

地図_親不知海岸.JPG

親不知海岸

海底に海藻が生い茂る親不知海岸は、アオリイカの産卵に適した環境なので春先には大型のアオリイカ、秋口には小型アオリイカの数釣りに実績のあるスポットです。また、夏の時期には小魚の回遊も多く、それを求めるヒラメやスズキが集まるため、メタルジグやルアーで狙う釣り人も多く見られます。